無料宅配査定キットはこちら

カラーストーンの査定評価の基準について

HOME > 買取のご案内 > 査定評価の基準 > カラーストーンの査定評価の基準について

当社では、色石(カラーストーン)に関して、原則として下記の要素を重点的に、品質評価を行っております。

  • 1.カラー(色)
  • 2.クラリティ・透明度
  • 3.テリ・輝き

詳しくは、カラーストーンの品質評価についてをご覧ください。

ここでは数ある色石の中で代表的なものをピックアップして、評価・査定についてご説明いたします。

ルビー

ルビーR0879m

ルビーは、酸化アルミニウムの結晶である「コランダム」という鉱物に属します。
モース硬度はダイヤモンドに次ぐ9であり、2%に未たない成分である酸化クロムによって「赤色」を呈しています。
尚、「Ruby」の語源はラテン語の「赤色」を指す「Ruber」であると言われています。

■ルビーの査定ポイント
(1)色合い
(2)内包物の状態(クラリティ・透明度)
(3)テリ・輝き

この3つの査定ポイントを大きさと照らし合わせて点数化し査定時点での需要と供給の情報から査定金額を算出しています。
また、スタールビーは形状やアステリズムのバランスも評価のポイントとして加わります。

サファイヤ

サファイアS14m

サファイヤというと矢車草の花の色である「コーンフラワーブルー」に代表されるブルー系の色を呈する宝石として認識されていますが、オレンジ、イエロー、ピンク、グリーン等、実際には様々なカラーバリエーションを持つ宝石です。

ルビ-と同じ「コランダム」という鉱物に分類され、鉄、ニッケル、チタン、酸化クロム等の配合の状態によってこうした様々な色に変化します。 ルビーと同「コランダム」ですのでモース硬度は色に関係なく9となっています。

■サファイヤの査定ポイント
(1)色合い
(2)内包物の状態(クラリティ・透明度)
(3)テリ・輝き

この3つの査定ポイントを大きさと照らし合わせて点数化し査定時点での需要と供給の情報から査定金額を算出しています。 また、スターサファイヤについても形状やアステリズムのバランスも評価のポイントとして加わります。

エメラルド

エメラルドE05m

鉱物学的には、「ベリル」に属しますが「ベリル」はクロムや鉄などの元素の混入度合や結晶構造によって様々なカラーバリエーションを生じさせます。

淡いブルーの場合は「アクアマリン」、淡いピンク色の場合は「モルガナイト」
黄色の場合は、「イエローベリル」や「ゴールデンベリル」や「ヘリオドール」と宝石の名称そのものが変わってしまいます。
おなじみの「エメラルドグリーン」のものだけを「エメラルド」と呼んでいます。

アクアマリンやモルガナイトはほとんど内包物を含まない物が多いのですが、エメラルドにのみ「モッシー」と呼ばれるインクルージョンが含まれています。

■エメラルドの査定ポイント
(1)色合い
(2)内包物の状態
(3)テリ、輝き
(4)形状(シェイプ)

形状については、やはり「エメラルドカット」と言われるスクエアミックスカットのものが最も人気が高いため査定ポイントも高めとなります。

タンザナイト

タンザナイトT2429m

タンザナイトは正式にはゾイサイトという名の鉱物となる。
硬度は6~7.和服にも似合うしっとりとした色合いから、日本でも人気を呼んでいます。

■タンザナイトの査定ポイント
(1)多色性の具合
(2)色合いの濃さ
(3)内包物の状態

タンザナイトの最大の特徴はその多色性にあります。一例を挙げると、一般的なライトの下では、紫色となり、蛍光灯の下では、青色に変化します。
かつてタンザナイトの判断基準は、サファイアの逸品に似た青色を示しつつ多色性の少ないものが好まれる傾向にありました。
しかし、現在のタンザナイトは、いかに優れた多色性を持っているかということが重要視されるようになっています。

ジュエリーのことなら福岡宝石市場へお気軽にご相談ください。 お電話のお問合わせはこちら [フリーダイヤル]0120-96-7794 [受付時間]10:00~18:00 [定休日]日・祝日
メールでのお問合わせはこちら
無料買取査定はこちら

HOME > 買取のご案内 > 査定評価の基準 > カラーストーンの査定評価の基準について

PAGE TOP